石井晃太郎ジャーナル

お金との付き合い方で人生の役割は変わる

  • 最終更新日:

この記事は4分で読めます

こんにちは、石井です。

この前、知人とジンギスカンを食べに行ったのですが、その時にクラシック音楽業界の”闇”について語り合っていました。

”闇”といっても単純なもので、要するに「何千万というお金と幼い頃からの膨大な時間をかけてプロの演奏家になっても音楽の道だけで食っていけるのはほんの一握り」という常識のような問題のことです。

もちろん「プロになっても食っていけない」というのは音楽業界に限ったことではありません。美術もそうだし、スポーツ業界もそう。いわゆる「芸能」という言葉で一括りにされる業界は大体同じでしょう。

ただ音楽業界は、その中でも圧倒的にお金の先行投資が必要になります。

楽器代はもちろん、レッスン代や衣装代、留学代など。それら全てを20歳前後で払わなくてはいけないわけですから、ホント親が裕福でないとやっていけません。

僕はこういう話になると決まって「僕のWEBマーケティングの知識を活かして彼らを助けられないだろうか?」とか考えるのですが、その日は驚くことに全く違う思考回路が働きまして、ある発見をしたんです。

今日はその人生観が変わるような発見をシェアしたいなと思います。

お金を巡る壮大な分業体制

僕が発見したのは、音大生と彼らに投資する両親の間にある壮大な分業体制です。

つまり、お金を貯める両親と、そのお金を使う音大生で、世の中を豊かにしていくための役割分担をしているのです。

これに気づいた時、僕の中でお金の価値観がガラッと変わりました。

例えば、世の中には「お金が人生の全てだ」と思っている人が少なからずいます。

「お金さえあれば幸せになれる」というのはどう考えても幻想だと思うのですが、そういう人って未だに結構いるみたいです。特に上の世代に。

で、僕はそういったお金の亡者のような人々を見るたびに残念に思っていたのですが、音大生がやっている壮大な分業体制に気づいてから、一概に残念とは思えなくなったんです。

どういうことか説明するために、そのお金の亡者のお金の使い道を考えてみましょう。

たくさんお金を持っている人に限ってお金を使う時間がないというのは良く聞く話ですが、僕はそれ、半分正解で半分間違いだと思っています。

なぜなら、お金を使う時間がないのは自分で使おうとする場合だけで、自分が貯めたお金を他の誰かが使うことは可能だからです。

その典型例が先ほど紹介した音大生のケース。親は仕事三昧でお金を使う時間はないかもしれないけど、子供の教育費にその多額のお金を回すことは可能です。音大生の家は裕福なことが多いので、そういう人は結構いるのではないかと思います。

そうやって自分の子供がお金を使うために血眼になってお金を稼いでいるのなら、お金の亡者がいても別に悪い気はしません。

それどころか、他の誰かを豊かにしているので、そういった人がたくさんのお金を稼ぐことはこの世界全体のために有益なこととなります。

自分が贅沢するためだけにお金を貯めるのはどうかと思いますが、貯めたお金を人のために使うのならば、お金を稼ぐことは決して悪いことではないのです。

一方、今回の音大生のように自分では稼げない額のお金を周りの人から頂いている人も多くいます。

音大生はもちろんのこと、スポンサーから生活費を頂いているスポーツ選手や銀行からお金を貸してもらう起業家などもそうでしょう。

しかし、起業家のようなビジネス用途ならまだしも、自分の生活費や教育費を他の人に出してもらっているとなると世間的には良くないイメージが付きまとうと思います。

でも、この壮大な分業体制に気づくと、その視野が狭いことがわかる。

なぜなら、周りの人からお金を頂いている人たちは、頂いたお金を使って自分を高め、その高まった才能や能力からエンターテインメントを生み出して世の中に還元しているから。

彼らもお金の亡者と同じように私腹を満たすためだけにお金を集めているのなら話は変わっていますが、自分たちが生み出すエンターテインメントを通して世の中を良くしていこうという気があるのなら、むしろドンドンお金を与えて上げて欲しいと僕なら思います。

だって彼らがエンターテインメントを生み出してくれるからこそ、僕たちは明るい生活をすることができるわけです。彼らにお金を与えても今すぐには返ってきませんが、数年後に世の中がもっと楽しくなるのならいいじゃないですか。

全ての目的は「循環」を起こすこと

この話を踏まえると、音大生とその両親は「世の中を豊かにしていく」ということを目的にした分業体制を敷いていると見ることができます。

あえてその分業体制を役割で分けるなら、お金を貯めて他の人に渡すサポーターと、もらったお金を別の形に変えるプレーヤーでしょうか。

そういった視点を持つと「たくさんのお金を稼いだ方が偉い」とか「お金は借りるものじゃない」とかいう常識が間違っていることに気づけます。

だって、たまたま世の中を豊かにしていく上での役割(ポジション)が違うだけですから。

お金を稼ぐ役割なら稼ぐことが大事だし、お金をもらわないと活動できないのならもらえばいい。

サポーターとプレーヤーのどちらが偉いとかいう話ではなく、それぞれがそれぞれの役割を遂行しているかどうかが重要であって、自分に合ったやり方で世の中のためになることをすればいいんです。

お金を貯める人生を送っているのならサポーターとして。お金を使う人生を送っているのならプレーヤーとして。

お金との付き合い方一つで人生の役割は変わってくるんです。

そして最終的には、サポーターもプレーヤーもやることが同じになってきます。

それが「循環を起こす」ということ。

サポーターは貯めたお金をプレーヤーに渡し、プレーヤーはもらったお金を別の形に変えてサポーターに回す。僕らが人生を通してやっていることって、その一連のサイクルを皆で協力してひたすら回していることに過ぎません。

だから、お金と上手に付き合いたいのなら「循環」を意識した使い方をして行けばいいんです。

今自分の手元にあるお金は世界全体を巻き込んだ大きな循環の中でたまたま自分の手元にあるだけだから、周りの人のために使って循環を加速させていこう。

常にそんな意識を持ってお金を使っていくのがお金との正しい付き合い方だと僕は考えています。

ちなみに、こういうお金を循環させる意識で生活していると、お金は使えば入ってくるということがわかります。

今までいろんな人と話してきましたが、成功している人ほどそういう感覚で生きてます。

お金がない時って普通はお金を使うのをためらいますが、お金が欲しい時こそ逆にお金を使ってみる。

すると、出ていったお金が別の形になって入ってきたり、それ以上の金額になっても戻ってきたりするものなんです。

「お前それ科学で証明してみろよ」と言われたら何も返せませんけど笑、僕はそういう考え方をあえて採用するようにしています。お試しあれ。

ということで、お金との付き合い方についてお話させていただきました。ありがとうございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP